TOP  >  運営メンバーについて

ABOUT US

Kiko 板屋紀子

957年 福島県生まれ
子育て時代に環境問題に関心を持ち、食品添加物や農薬について独学。学習会を主催するなど活動をはじめる。1986年にチェルノブイリ原発事故が起こり、環境保全への思いを強くする。子どもたちの環境を守るためには「政治から変えなければ!」と市民の政治団体「国立・生活者ネットワーク」に参加。国立市の都市景観審議会委員、都市計画マスタープラン審議会委員を務め、まちづくりに関心を持つ。
国立・生活者ネットワーク事務局長を経て、2003年に国立市議会議員に初当選。2期8年務める。
対外活動として、東京都子どもの権利条例市民案や国民投票法市民案の作成に関わる。「多摩の地下水を守る会」事務局として地下水保全条例の市民案作成やフォーラムなど開催。
八ッ場ダム住民訴訟 東京裁判 原告団幹事(〜2012年)。
NPO市民討議会推進ネットワーク会員。
東日本大震災後、故郷へUターン。
情報誌の出版社を経てフリーランスへ。
現在、まちづくり市民団体の活動に参加する傍ら「自然と伝統文化をつなぐ会」を立ち上げ、遠野の手漉き和紙を保存するための活動に取り組んでいる。
このほか、環境・文化・自治に関する講演やアドバイスなど幅広く活動している。

「無防備平和条例は可能だ―国立市議会審議の記録―」(無防備地域宣言運動全国ネットワーク編、耕文社)。
2013年 小説「彩りのとき」で、吉野せい賞奨励賞。

ブログ「Kiko&Kurumi’s room~社会で起こっている事象に関心を持とう~」https://kikokurumi.wordpress.com/
ブログ「イマジネーションとKiko」http://itaya1213.cocolog-nifty.com/blog/
公式ウェブサイト http://itaya.seikatsusha.me/

Yumi 小久保ユミ

札幌出身 茨城在住。
戌年・しし座。
女・女・男の3児の母。
長女・次女の子育てを通じて、ナチュラルな生活に目覚めるが、結婚10年目までは大人しくひっそりと生活。しかし、2011年の震災・原発事故時、周りの大人たちがあまりにも静かな事に驚き、その衝撃で目覚めてしまい、ついつい講演会を企画。「子供の未来を考える会」を立ち上げ、本格的に社会と向き合う事に。
今までの活動としては、社会問題に関して複数の講演会主催、地元企業・議員との対話、自治体への請願書提出、毎月の茶話会など、“主婦でもできる!”をモットーにコツコツと活動。
原発問題以外にも、食や医療、環境など様々な問題が存在しているこの世の中において、“社会を変える”ということはとてもパワーと根気の要ることであり、その為に女性、特に母親たちが活動できない、もしくは継続できないケースがあることを問題視し、田中優氏の「身の立て方講座」を受講。そこで、女神育成プロジェクトのメンバーに出会う。 本来、子育てを通じて世の中のあらゆる問題に触れることができるのが母親たちであり、その母親たちが生活を変えることによって、社会は変えられると考えている。
母として、経済の発展や企業の利益よりも“子どもたちの明るい未来”を優先する人が一人でも二人でも増える事、そしてそういった事を堂々と発信できる世の中になる事を望んでいる。

Asuka 近藤あすか

大学卒業後、アパレル系の小売企業で広報宣伝部に配属。
急成長していく会社の中で仕事に充実感を覚えながらも、一緒に楽しく働いていたはずの仲間の中に《勝ち組・負け組》が生まれ、弱肉強食という社会の縮図がそっくりそのまま出来上がって行くことに気付く。
同じ頃に、小泉・竹中路線の自民党政府の大規模な規制緩和や、イラクの日本人拉致事件の被害者に対し「自己責任」論を展開したマスコミや世論の変化に強烈な違和感を覚え、政治や社会問題に興味を持ち始める。

その後、結婚・出産し、育児休暇明けに、出産した女性への会社の姿勢が大きく変わっている事に衝撃を受ける。収入減や、正社員という名の時給制制度など沢山の理不尽を我慢するサラリーマン生活を捨てフリーランスに。

食の安全や教育問題、放射能汚染、集団的自衛権の解釈、戦争が身近になりつつある今の政治……沢山の「変だと思うこと」を、悲観するだけでなく、自分達で良い方向に動かそう!元気に明るく乗り越えよう!と決意を新たにする。

現在は、5歳と1歳の息子2人。未来ある子供達のためにも、誰もが暮らしやすい社会になって欲しいと心から願う。

Harumi 高城晴美

茨城県在住 二児の母 ホメオパス
子どもの頃から、症状を抑圧してしまう現代医学に疑問をもっていたが、出産後に花粉症になり根本治療を探し求めてホメオパシーに出会い劇的な改善を経験する。

5年後、専門家となってからは主に小さな子を持つ母親の心のサポートや慢性症状改善に向けホメオパシー健康相談を行うと同時に、他者に依存せず自分らしく生きるために、ホメオパシー療法でのセルフケアや免疫力を高めるための勉強会にも力をいれている。

また、震災後に知り合った、女神のメンバーである小久保弓と市民団体「ママたちの井戸端会」を立ち上げ、勉強会などを開催しながら人と人を繋げ、母親自身が学び考える機会を作っている。

◆日本ホメオパシーセンター茨城守谷センター長
ブログ「菜虫化蝶自然療法ホメオパスのブログ」http://s.ameblo.jp/gya-te-2/
Facebook「高城晴美」
♦︎NPO法人薬害研究センターに非常勤勤務


page top