TOP  >  HEALTH  >  健康  >  ナチュラル&健康派が愛用中!布ナプキンの良いところ

HEALTH

ナチュラル&健康派が愛用中!布ナプキンの良いところ

女性として、大切なもののひとつが生理です。
その時間を共に過ごすお供が、生理用品。その中でも、紙ナプキンを利用している人が、いちばん多いのではないでしょうか。
「長時間着けていても漏れない」「多い日も安心」などのフレーズでCMされている紙ナプキンですが、何でできているか知っていますか?
ポリエチレン、ポリエステル、ポリプロピレン…と、石油から作られた化学素材になります。“紙”と言いながら、実は純粋な紙ではなく「プラスチック」なのですね。

更に、中に入っている高分子吸収ポリマーは、熱が出た時に額に貼るシートと同じもの。
熱用シートには水分を吸収させており、冷えている状態を保てるのですが、それと同じ原理だとすると、生理中は経血を閉じ込めた冷たいナプキンをずっと貼り付けているのと同じことになります。
生理痛対策で下腹部を温めたりしますが、逆の事をしているわけです。
紙ナプキンの「長時間使えて洗う手間も無い」という利点の裏には、「化学素材を常に身に着けていなければならない 」「下半身を冷やしているかもしれない」といった弊害がある事を忘れてはいけません。

一方、それに代わるものとして人気が急上昇しているのが、布ナプキン。
紙ナプキンと同じような形をしたものから、パッド付きや正方形のもの、古布やはぎれをリサイクルしたおしゃれなものなど、タイプはさまざまあります。
もちろん、ポリマーほどの吸収力は無いかもしれませんが、こまめに替えていれば漏れる事も殆どありません。生地もコットン中心で、ネル、ガーゼ、ニットなど、好みに合わせて使えます。
もしも更にこだわるのなら、オーガニック素材や草木染めが良いかもしれません。まさしく、肌にも地球にも優しい素材です。

布ナプキンは紙ナプキンに比べて、洗う手間がかかりますが、血液の汚れにはセスキ炭酸ソーダのようなアルカリ性の洗剤に付けておくと楽に取れます。
また、それすらも面倒であれば、着なくなったお洋服を処分せずにハサミで適当な大きさに切り、使い捨てナプキンにする事も可能です。
その方法は、コスト的にも安く済みますね。

紙ナプキンに慣れていると、布を使う事に勇気がいるかもしれません。
けれど毎月数日、洗濯物が少し増えるだけ。実際使ってみると、思いのほか手間はかからないものです。
最初は、「家にいる間だけ」とか、「紙ナプキンの上に布のライナーを当てるだけ」という所からスタートしても良いかもしれません。

人によっては「かぶれがなくなった」「生理痛が軽くなった」など、体調の嬉しい変化もある布ナプキン。
いまや専門店にもあるほど普通の存在になっているので、まだ未体験の方はぜひ試してみてください!

布ナプキン


page top