TOP  >  HEALTH  >  遺伝子組み換え  >  「遺伝子組み換え」ってなあに?

HEALTH

「遺伝子組み換え」ってなあに?

遺伝子組み換え表示「遺伝子組み換え(GM)」とは、どういうものでしょうか。
農林水産省のホームページには、下記のように説明されています。

「遺伝子組換え技術を使って品種改良(例えば、病害虫に強い性質を持たせるなど)した農産物を、遺伝子組換え農産物といいます。遺伝子組換え農産物とその加工食品の両方を遺伝子組換え食品といいます」

ここでいう「品種改良」とは、「酵素などを用いた切断及び再結合の操作によって、DNAをつなぎ合わせた組み換えDNAを作製し、それを生細胞に移入し、増殖させる技術」です。
「品種改良」や「技術」と聞くと、なにやら最先端のすばらしいもののように思われますが、実のところ食品としての安全性に関しては、大きな疑問符がつきます。

すでにラットの実験において、腫瘍の発生が確認されています。
除草剤をかけても枯れないGM作物の遺伝子が雑草に移転し、除草剤に強い「スーパー雑草」ができるという指摘もあります。
安全なのか安全ではないのかの証明は、何代先になるのかわかりません。ずっと後にならなければ、きっぱり「安全」を保障できるものではないということです。
私たちは未知の領域の食品で、人体実験されているようなものです。

日本における遺伝子組み換え食品の表示に関して、大きな問題点として挙げられるのは「遺伝子組換えでない」という表示が出来る場合についてです。
実は日本では、このようになっています。

(1)大豆やとうもろこしについては、分別生産流通が適切に行われていれば、“意図せざる混入”も5%まで「遺伝子組換えでない」という表示が認められる。
(2)また、複数の原材料を使用する加工品の場合、使用量の上位3位まで、かつそれが全重量の5%以上のものだけを表示すればよい。

このことを知っている消費者が、どのくらいいるでしょうか?
消費者自身が、5%の混入が認められていることを知らないと、「遺伝子組み換え不使用」と表示されていれば、どれも「まったく使われていないのだ」と誤解してしまう可能性があります。
EUでは、油や異性化液糖(トウモロコシ等のでんぷんから作られる液糖。製品には「果糖ぶどう糖液」と表示されている)などの加工品まで含めてすべて表示対象としています。非組み換え原料に遺伝子組み換えが混じってしまう、いわゆる「混入」も0.9%までしか認めていません。
日本は、EUに比べてひじょうに基準が緩いといわれるのも当然です。
食べるか食べないかを決めるのは消費者ですから、正確な表示をすべきでしょう。

遺伝子組み換えの市場は、特許に基づく「利権」の構図です。
スーパー雑草が生えれば、それに負けない遺伝子組み換え作物が作られます。さらなる耐性ができることで、ヒトへの新たな影響が懸念されます。


page top