TOP  >  SOCIETY  >  子育て  >  私たちの声を届けたい!待機児童と認可保育園の必要性について

SOCIETY

私たちの声を届けたい!待機児童と認可保育園の必要性について

運動会

安倍部政権が、「育児休暇3年」や女性の社会進出を促すと、新たな政策を打ち出しました。保育園の待機児童も、「5年で解消を目指す」と。
子供を抱えている身として今、改めて子供と家族にとって、ひいては社会にとって、どういう世の中のあり方が幸せなのか、考えないといけないと思うのです。
特に子どもが保育園に入れるかどうかは、全ての働く女性にとっての大問題です。

保育園に入れないから働けない。
復職できない。
職探しなんてもっとハードルが高い。
認可保育園どころか無認可保育園も、100人待ちが当たり前の現状。

だからと言って無理矢理どこかに受け入れてもらっても、狭い部屋に詰め込んだり、ビルの中で園庭がなく一日中部屋の中。先生が少なくて負担が多く子どもひとりひとりに目が届かない。
そんな環境では、大事な子どもを預けるなんて心配です。特に無認可は、保育料の負担も大きい。

じゃあどうしたらいいの?
単純に、基準を守った認可保育園が増えれば良いのでは?

無認可を否定はしません。認可保育園とは違うサービスを求める親には必要だからです。
それに、無認可で頑張って働いている先生達や運営される方々の支えがなければ、今の待機児童問題はもっと深刻な状況になるわけで、感謝すべき存在です。
でも万が一、何かあった時の保証や対応に国や自治体など公的機関が責任を持たない限り、親として不安は消えないのです。

だからこそ、希望者全員が入れるだけの認可保育園を増やし、保育の質を確保することは至急の問題と言いたいのです。
空いた小学校の教室や自治体の使っていない土地など利用できるところはまだまだあるはず。予算を取ってきちんと認可保育園を整備して欲しいのです。
条件を緩めたり臨時の保育室を作るというその場しのぎでは、問題解決になりません。本気で取り組めば、やれないことはないでしょう?

保育の質も大切です。子ども達がのびのび過ごせる充分なスペース、ひとりひとりに目が届く先生の人数が必要です。
子どもは日々大きく成長するのだから、単なる“子守り“というのでなく、人を育てる場として、先生方にも十分な教育や報酬がなければなりません。

政治家や役人の皆さん、保育園をなめてもらっちゃ困るのですよ!
日本の基準よりずっと厳しい、ヨーロッパを見習ってください。
同時に親である私たち自身も、切羽詰まって「どこでもいいから預けたい」というのでなく、保育の”質”を求めてきちんと声を上げてゆくことが、社会を変える一歩になると思うのです。


page top